その 1 その 2 その 3-1(入門)
その 3-2
その 3-3(このページ
その 3-4
その 3-5
その4
柔道と自分
(連載-3・町道場)
          白土 正介 代表                
 
   
 週1回通っていた町道場は、東京都台東区に有りました。
ここでは、小学生からを対象に、多くの子供達に柔道の素晴らしさを知ってもらうため、我々社会人をはじめ、諸先輩達の知識と経験を生かした指導が行われてきました。

 柔道の技はもちろん、礼儀作法、社会のルール等を身につけ、立派な大人になってもらうため、町道場の存在がいかに大切か感じました。

 また、町道場を通して、昭和55年頃だったと思いますが、「東京都・ハワイ青少年親善柔道大会」が実施され、私もコーチとして参加させて頂きました。
一行は全員で30名、約10日間の日程で、日本柔道の素晴らしさを外国の方に披露し、よき思い出になりました。

 私は、当時33歳で、高校生に混じって稽古をしました。
実技には負けませんが、スタミナには負けました。
彼らも今では40歳代になり、良き指導者として活躍されていることと信じています。



  

        に戻る