その 1 その 2 その 3-1(入門)
その 3-2 (このページ)
その 3-3(町道場)
その 3-4(転勤)
その 3-5(別れ)
その4
柔道と自分
(連載-2・社会人)
            白土 正介 代表                
 
   
 勉強にも、柔道にも打ち込む毎日が続き、自分なりに充実した学生生活を送ることが出来ました。
 これも、素晴らしい仲間との出逢いがあったからだと感謝しています。

 無事、全農東京支所へ就職し、それからは、仕事の時間の都合で、稽古場所を、「講道館」から「区体育館武道場」へ変えました。
 新しい仲間達との出逢いがあり、上は50歳から、下は中学生。
社会人としての柔道が始まりました。

 週3回の稽古でも、学生時代とは違い、マイペースでできることが、継続できることと深く感じました。
 また、当武道場の指導員が運営している、町道場への誘いがあり、週1回通うことになり、新しい仲間達が増え、本当に柔道の素晴らしさは、奥が無限に続くことに痛感を覚えました。



  

        に戻る